プロポーズには婚約指輪を贈ろう|選び方を詳しく解説

約束を形にして贈る行為

リング

結婚を誓い合った2人に

結婚のプロポーズを行い婚約指輪を贈る事は社会慣例化していると言えます。結婚を約束した証として男性から女性に贈られますが、法的手続きでもないこの行為は何故大切な行為となったのでしょうか。婚約指輪を贈る行為が日本に定着したのは1960年頃と言われています。結納品の1つとしてされていました。本格的に普及しだしたのは1980年頃に芸能人が、婚約指輪でダイヤモンドを贈った事からです。日本では文化としてごく最近できたものなのです。そもそも婚約とは何を意味するのでしょうか。婚約とは男女の将来における結婚の約束を言います。婚約が約束で指輪がその証となります。結婚の様に法的な意味合いを含みますが、婚約はあくまで2人の間だけで交わす約束です。しかし想いを伝える事と約束を交わす事を兼ねたこの行為は、2人にとってとても神聖な意味を持つのです。婚約指輪はダイヤモンドを贈る事がほとんどと言えます。もちろん女性の好きな宝石でも全く問題はないのですが、上記の意味合いからダイヤモンドが主流と言えます。ダイヤモンドは無垢で永遠に変形しない素材です。それが2人の約束が永遠である事を意味するとして男性から贈られています。指輪選びでは男性が選ぶ事以外に、つける女性が選ぶ事も普通になってきました。札幌で婚約指輪を探す際、都市部では多くの宝石店があります。札幌市は北海道でも大きな都市なのでお店選びに困る事はありません。札幌市街から遠い方は近い宝石店に行くと良いですが北海道は広いです。その為ネットで購入する方法も盛んになっています。今や札幌や沖縄、東京等住んでいる土地に関わらず全国どこでも好みの婚約指輪を探す事がネットでできます。

Copyright© 2017 プロポーズには婚約指輪を贈ろう|選び方を詳しく解説 All Rights Reserved.